トラブル発生!!紛失注意!!

最近いとこが引越しをした時に、物がなくなってしまうというトラブルが起きました。

 

引越し中の荷物の破損など、引越しには結構トラブルはつきものですが、荷物の破損に関しては引越し会社の保険が適用されて補償されるようですが、なんと紛失の場合は補償されずに盗難という扱いで警察に届け出る必要があるみたです。

 

もちろん引越し業者からしても、引越し中に物が紛失することはまずありえないことで、依頼主の勘違いであったり、悪意があって紛失したと言いがかりをつけられないようにしたいみたいですが、いとこの場合は実際に靴がなくなったそうなので引越し業者に問い合わせましたが、引越しから1週間くらい後に気がついたのもありやはり補償はされませんでした。

 

 

警察に行くこともめんどうで、なくなったのも1万円くらいの靴なのであきらめるそうです。

 

 

荷物の紛失を実際に証明することはとても困難なようで、引越し中になくなって困るような貴重品などは自分で運ぶのが一番なようですね。

 

 

もしも運んでもらうのであれば、引越しの荷物のチェックリストなどを作って、引越しの当日もしくは翌日、可能であれば引越し業者が家にいる間に確認するほうがいいみたいですね。

 

 

悪意のない人ばかりでしょうが、それでも物が紛失すれば疑いをかけざるおえなくなりますし、無用なトラブルを避けるためには大事な物は極力自分で持っていくようにしたいですね。

 

まさかの大雨

最近友達の引越しを手伝ったのですが、なんとその当日が大雨に見舞われてしまい、荷物が水浸しになってしまいました。

 

 

引越し開始前は晴れていたのですが、最近多いゲリラ豪雨のような感じで、ちょうど新居に荷物を運んでいる時に激しい雨が降ってしまいました。

 

引越し業者はさすがに慣れているので家電などはしっかり防水できるようにカバーなどをかけてどんどん運びいれてくれました。

 

けど、家電は濡れなくても濡れた服で新居に上がることになるので、新居の床はかなり濡れてしまうことになり、私は濡れた荷物を拭いたり、新居の床を拭く作業をひたすら繰り返していました。

 

 

事前に雨が降る予報がなかっただけに予想外でしたが、引越し業者はどんな時でも対応できるように防水シートなどを用意しているそうです。

 

 

大雨の中極力荷物が濡れないように全力で荷物を運んでくれる業者の姿に感動すら覚えました。終わった時には全身ずぶぬれになっていましたが、嫌な顔せずに対応してくれたスタッフに気持ち程度ですが謝礼を渡してあげました。

 

 

基本的にはどんな天候でも引越しの日程は変更はしにくいらしく、最短でも2日前にキャンセルや引越しの延期を連絡しておかないと料金が発生してしまうそうなので、引越しの日も意外に運に左右されるみたいですね。

 

 

ちなみに私の引越しの時は雨ではありませんが少し雪が降ってめちゃめちゃ寒かったです。大雪じゃなくてよかった・・・・

 

 

引越し費用|安く引越しできる業者を探

更新履歴